スポンサードリンク

まぶた 腫れぼったい目

腫れぼったいまぶた(瞼)は、ぼんやりとした印象や、不機嫌な感じ相手にを与えかねません。まぶた 腫れぼったい目を解消して目元をスッキリしたいですね。

◆まぶたが腫れぼったい
朝の起床時に、まぶたが腫れぼったい状態なのは、誰にでもある当たり前の現象です。睡眠のため長時間にわたり横になっている訳ですから、血液や体液が顔に滞ってしまったために起きる「まぶたが腫れぼったい」現象です。

この、まぶたが腫れぼったい状態は、起床後しばらくすれば解消してしまいます。

まぶたの腫れぼったい状態が昼近くなっても残っている場合には、単なる睡眠時の腫れではなく、「むくみによる腫れ」を疑って見る必要があります。

まぶたのむくみ(浮腫み)で疑われる病は、まず腎炎などの腎臓病が上げられます。むくみに関係する病気には心臓病もあります。心臓病の場合ですと、まぶたにもむくみによる腫れが現れますが、一般的には足にむくみが来ます。

腎炎ですと、細い血管の壁が中から外へ水分を浸透しやすくなるため、脂肪や筋肉組織が少なく、皮膚の薄いまぶたのような部分に、水分が滞りやすくなってしまいます。

これが腎炎で、まぶたが腫れぼったい状態になる原因です。腎炎や心臓病などの病気が原因のむくみですと、両方のまぶたにむくみが来ます。片方だけのまぶたの腫れは「ものもらい」などが考えられ、この場合は赤みを帯びたり、目に痛みや、痒みがあります。

◆腫れぼったいまぶたをスッキリ!
まぶたが腫れぼったいと、溌剌とした明るい印象とは遠いですね。すぐに解消しましょう。

腫れぼったさの解消には、やはり「リンパマッサージ」が効果的です。

「まぶたが腫れぼったい!」は、顔の全体にむくみがあるということですから、顔全体にマッサージを施し、むくみを除去する必要があります。

時間がないときでも、次のマッサージだけでは行いましょう。

・軽く目を閉じて、目頭から目尻へ4本の指を眉毛の下辺りに当てて優しく指圧していきます。

・下まぶたも、同じように内側から外側にむかって指圧していきます。

※強く押し過ぎないように注意。
※上まぶた・下まぶたとも、こめかみに老廃物を持っていくイメージで行う。

目元 たるみ(むくみの解消)対策は早めなほど有効で効果も出やすいです。今からケアを始めましょう。予防にもなります^^

【まぶた 腫れぼったいの最新記事】
posted by tarumitomukumi at 15:30 | まぶた 腫れぼったい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むくみ解消の食べ物(たるみ)

食べ物でむくみ・たるみを解消改善できたら嬉しいですね。毎日の運動やマッサージは、なかなか継続出来なくても、毎日の食事で、むくみ解消の食べ物・食材を摂取して、それら食品でたるみまで解消出来たら素晴らしいですね。

◆むくみ解消の食べ物(たるみ)について
目元 たるみ(むくみの解消)や頬のたるみなどは顔の印象を変えてしまいます。老け顔、疲れ顔、不機嫌な顔やブルドッグ顔・・・

たるみを解消する食べ物として効果が知られる食品に「大豆イソフラボン」でがあります。イソフラボンの一日の摂取量は40mg〜50mg程度が理想的なのですが、吸収率の問題もあります。大豆から直に摂取するより、大豆加工食品(納豆など)から摂取すると体内吸収率が良くなりますからオススメです。

目安は、納豆ならば一日1パックが理想量に匹敵します。
むくみ解消の食べ物(たるみ)食材として効果的な摂取方法は、ビタミンEと一緒に摂ることが望ましく、単品で摂るよりは、効果も倍増します。

お酒の肴に定番の「マグロと納豆の和え物」はビタミンEm多く含んで理想的な食べ物ですね。豆腐料理も良い食事ですよ。

◆むくみ解消の食べ物(たるみ)ビタミン別の食べ物
・ビタミンA   ⇒レバー、ほうれん草、ピーマン、にら、菜の花、
・ビタミンB1  ⇒玄米、豚肉、蕎麦、玄米、
・ビタミンB2  ⇒卵、うなぎ、チーズ、納豆、ししゃも
・ビタミンC   ⇒レモン、グレープルーツ、いちご、キウイ、大根、

以上の食品などが効果的であると云われています。このように、目元や頬、顔のたるみに効果的な食品は周りに多くありますから、飽きずに食べでたるみ予防が簡単に出来ます。高価な物で、特別な目元のたるみ対策をしなくても、毎日の食事で「たるみ」がない美しい肌を期待できますし、それがまた健康にもつながりますよ^^
posted by tarumitomukumi at 13:45 | 目元 たるみの解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。