スポンサードリンク

まぶた(瞼)のむくみを取りたい

まぶた(瞼)のむくみを取りたい!目(まぶた)のむくみ・腫れの原因と解消法。朝の起き抜けの顔を他人に見せられますか!むくみの悩み!

まぶたの腫れ、顔のむくみもそうですが、目元がむくんで腫れぼったいなんて経験は誰にでもあると思いますが、女性の美の敵ですよね。

◆まぶた 顔(むくむの原因)
目(まぶた)のむくみの原因の多くは、顔のむくみと同じように疲労が溜まったりして、身体中の代謝が悪くなった結果、正常に余分な水分が腎臓から濾過されないためか、或いは、塩分の過剰摂取による食生活から来るものが殆んどです。

◆まぶたのむくみ、腫れを取りたい(解消法)
瞼(まぶた)のむくみの解消法は、疲労が原因の場合には、十分に休養を取ることです。これから出社・通学するという場合には休養を取っている訳にはいきませんよね、平日の寝起きの目元・まぶたのむくみ取りに間に合いません。

○瞼(まぶた)のむくみは温冷療法
手っ取り早く目(まぶた)のむくみを取る方法としては、取りあえず温冷療法が1番でしょう。

むくみ(浮腫み)とは、目元やまぶただけではなく、多くの場合には顔全体がむくんでいる可能性があります。

(温冷療法のやり方)
・蒸しタオルで顔全体を暖めます(1〜2分間)
・その後に冷水で軽く流すように洗顔します
・以上を2〜3回繰り返します
滞った血流が促進、顔やまぶたのむくみや腫れが見事に解消されます。
※蒸しタオルの作り方
濡れタオルを電子レンジで30秒〜1分ほど暖めるだけ、簡単です。

◆食生活の注意
日本人は、まだまだ塩分の過剰摂取が多いようですから、普段の食事から薄味に慣れて習慣にしましょう。また、お茶をこまめに飲んで利尿作用を促進することです。

女性誌にも良く掲載されている方法ですが、紅茶の使用済みティーバックをまぶたに数分間置いて、まぶたのむくみが取るやり方も効果的です。(熱さと火傷に注意)

不摂生な夜更かしを慎み、過労を避けて、食生活では薄味を習慣付けて、利尿効果のあるものを摂り入れることです。適度の運動は新陳代謝を活発にして老廃物を排出してくれますから、顔やまぶたのむくみ・腫れにも効果的です。

関連リンク:むくみ解消の食べ物(たるみ)

【まぶた 腫れぼったいの最新記事】
posted by tarumitomukumi at 08:26 | まぶた 腫れぼったい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目元のたるみ 美容整形

目元のたるみ 美容整形って怖くはないの!費用も高いんでしょうね。
毎日のケアは予防に目元たるみ は大事なことですが、目元のたるみの解消方法としては、結果が出るまで時間がかかるのも事実です。

目元のたるみを直ぐに取りたい時には、美容整形の方法も可能です。
ただし、美容整形を受けるには注意が必要です。信頼できる病院でカウンセリングを受けることです。自分に適切な方法なのかを確認してから受けましょう。

目元のたるみは美容整形で簡単に解消するらしいけど怖くはないの!

加齢と共に、老化現象として顔のたるみは現れて来ます。
目元のたるみは、顔の印象をとても変えてしまい、相手の方にかなり老けたイメージを抱かせてしまいす。

美容整形外科で、専門医により過剰脂肪部分の除去を行う方法で簡単に目元のたるみを取ることが出来ます。

◆目元たるみ 美容整形の方法と費用
美容整形の現在の方法は、大きく分けますと美容外科的手術な方法と、レーザーを使う美容整形とに分類することが出来るでしょう。

美容外科的手術は、目の下のたるみをメスを使い切開して取る方法です。緩んだ筋肉を元に戻し、たるみで余った皮膚を切り取ってしまうのです。目元の手術で切開する部分は、マツゲの生え際近くですから術後も目立ちませんので安心です。

切開後は、脂肪を切除して、余った皮膚を切り取り縫合するのです。全ての目元たるみに有効と云う訳ではなく、特に大きく弛んだ「たるみ」の時に、より効果がある方法です。

レーザーを使う美容整形。レーザーの方法のやりかたは、まぶたの内側からの施術になりますから、術後の跡が目立つようなことはありえません。

最近では切開する美容外科的手術よりも、レーザーを使ったこちら方法が多いようです。レーザーで下まぶたの裏側の皮膚から皮下脂肪を除去してしまいます。これで、たるみや、ふくらみ、くまなどがキレイに除去されます。レーザー施術の費用はやく20〜30万円前後が標準だと云われています。

目元のたるみの原因は1つではありませんが、意外にもメイクにもありあす。化粧品の油性分である「イソパラフィン」は目元の薄い皮膚の細胞に絡んでしまい、その重さで目元が下がり、たるみの原因になってしまうのです。

目元のたるみの予防のためにも メイクを落としなしでで眠ってしまうことは、目の下のたるみに悪いですから、注意しましょう。

posted by tarumitomukumi at 11:40 | 目元のたるみ 美容整形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。